NFTとは

NFTとは

NFTは「Non-Fungible Token」の略称で、日本語では「非代替性トークン」と表されます。 ブロックチェーン(改ざんができないデジタル台帳)上のデータの単位で、発行されたNFTは他のものと代替することはできません。

NFTの特徴

様々な情報を含んだNFTを、画像ファイルや3Dアセットなどのデジタルデータと紐づけることによってデジタルデータの証明書としての役割を持ち、次のようなことを証明することができます。

1.「オリジナル」の証明

NFTに作者や作成日時・場所の情報を含めることによって、コピー複製品が作られたとしても、そのデジタルデータが「だれが」「いつ」「どこで」作られたものなのかを証明することができます。

2.「唯一性」の証明

他のものと代替することができないため、NFTに紐づけられたデータが唯一無二であることを証明できます。これによってデジタル世界に「限定〇〇個販売!」といった数量限定などの概念を持ち込むことができます。

3.「所有権」の証明

所有者の情報を含めたNFTを紐づけることによって、そのデジタルデータを誰が所有しているのかを証明することができます。これによってデジタルデータに資産価値が生まれます。

4.「取引」の証明

NFTに販売者や購入者の情報を含めることによって、誰から誰に移動したのかを証明することができます。これによって自由に売買の取引することが可能になります。

MetaMartで発行できるNFTにいて